オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ドラム・セット

いくつかのおけいこごとを掛け持ちしている末っ子、今年に入ってドラムを習いたい、と言い出しました。「ドラム」?そうです、バンドなどの後ろにあるあのドラムです。

ま、習ってみたら、ということで、週一回のドラムレッスンに通わせました。1学期くらいなら、家にドラムセットがなくても大丈夫ということだったし、1学期も続くかどうか妖しいということで、様子を見ていたんですが、2学期に入っても、一向に止める気配なし。

ということで、ドラム・セットを何とかせねばということになりました。キャンベラでは学生などに楽器を貸し出す制度があって、入会金30ドル、保証金120ドル、1学期の賃貸料50ドルという金額で楽器を借りることができます。

現に末っ子は学校でバンドに入っていて、そこからフルートを借りています。ドラム・セットもそこから借りようということになり、手配していたのですが、ドラムの先生から「中古のドラム・セットを売りたいという人がいて300ドルでどうだというのだけれど。」と連絡がありました。

300ドル、それは3学期続けて借りる料金+入会金+保証金の額ではありませんか。(ちなみにフルートは学校を通じて借りているので、入会金や保証金は払っていません。)で、見に行って見るとこれがなかなかいいコンディションのドラム。かなり古いのですが、ちゃんと先生がメンテも指導してくれるということで購入とあいなりました。

c0013324_10185230.jpg


車の後部座席までいっぱいにしてやってきたドラムたち。ちょうど次女が別の小さいベッドルームに移ったこともあって、末っ子の部屋を次女の代わりにドラム・セットが占拠することとなりました。

c0013324_10204783.jpg


組み立てたドラム・セットに座ってご満悦の末っ子。夜は煩いので昼間だけの練習ね、と約束です。この小さい彼女がこんなに大きなドラム・セットの影にかくれて演奏とは大笑い。でも、彼女ですら結構大きな音が出せるのであなどれません。

以前にもDo Me Bad Thingsで書きましたが、イギリスの従兄はあちこちのバンドでずっとドラマーとしてやってますから、その影響もあるのか、ドラムというものに全然抵抗がないようです。
[PR]
by johnnycake | 2009-05-10 10:24 | 身の回り・生活