オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

手作りピニャータ

週末に末っ子の誕生日パーティをしました。でも、私は調子悪くて何もせず。連れ合いが料理をやってくれ、あとは子供達で勝手にプールで遊んだりしてお泊り会でした。

今年のパーティは、たくさん人を呼ぶのも疲れるので、お泊りに来る数人だけを招いてのパーティにしました。(それでも疲れて何もしなかった私って…。^^;)

そんな末っ子を哀れと思ったか、10日ほど前に、次女が妹のためにピニャータを作ると言い出しました。ピニャータはメキシコなどのお祭りでよく見られる張りぼてで、中にお菓子やおもちゃなどが入っているのです。それを目隠しをした子供が棒などで順番にたたいて割るという趣向です。

このピニャータ、10年前には聞いたこともなかったような習慣ですが、今じゃ子供のパーティなどでよくお目にかかります。学校行事にも登場しました。くじびきの1等賞の賞品がピニャータだったこともあります。

それを次女が自分で作ろう、というので、ネットで調べた作り方をプリントアウトしてやりました。要するに中が空洞になるようにある程度の大きさの張子を作ってやればいいのです。

c0013324_18183783.jpg


中身は風船を使うことにして、まず風船を膨らませ、その周りに新聞紙のちぎったのを貼り付けていきました。

乾いたら、その上からまた層を重ね、3度ぐらいで土台を作ります。3度目が終わった頃には、中の風船はしぼんでいました。

c0013324_1820365.jpg


その後新聞紙に絵の具で色を塗ります。今回のピニャータは「気球」ということにしました。形が既に似ているし、ラクそうだから…。^^;

上の部分をカッターナイフで切って、そこに飴玉、コンフェティ、小さくて軽いおもちゃなどを入れます。全部入れたら結構重かったです。

最終的に、気球のバスケットの部分は、折り紙の箱にして、物干しラインからぶら下げました。

c0013324_18223210.jpg


これ、皆で叩いて割るときはあっけなかったんですが、作る過程を次女と三女が大いに楽しんだ企画でした。
[PR]
by johnnycake | 2010-03-09 18:24 | 子供・家族