オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ロンドン観光 バッキンガム宮殿からセント・ポール大聖堂

連れ合いが姑と2人だけで泊りがけで旅行に行っているので、その間何もしないんじゃつまらないだろうと舅がロンドン観光に連れ出してくれました。姑と舅はもうずいぶん前に離婚しています。どういうわけか舅は私と気が合うと決めているようで、イギリスに着く前々から「あれをしよう、これをしよう。」と計画してくれています。まぁ、6週間だけ良き嫁を務めればよいのですから、気にしないことにしましょう。「どこでも好きなところに連れて行ってあげるよ。」という舅の言葉を聴いていた甥っ子(24歳)が後で「本当に好きなところに連れて行ってもらえた?じいちゃんはああ言うけど自分の好きなところにしか行かないんだからね。」と言っていました。ははは。しかし、皆がびっくりしたくらい私は見たいところを見てきました。家族みんなが「じいちゃんはわがまま」と言うその舅をひきずりまわしてロンドン観光をした私は、今や「じいちゃんを手玉にとった」と格があがってしまったのです。

c0013324_7103040.jpgまず電車でヴィクトリア駅に着いた我々、そこからバッキンガム宮殿まで歩き、11時半からの衛兵交代の後半を見ることができました。かなりの人だかりで、背の低い私はなかなか柵の中が見えなかったのですが、楽団が門から出てくる頃には皆そちらに気をとられていたので、そのときすかさず柵のそばまで行ってまだ宮殿の前庭に残っていた衛兵をしっかり見ることができました。いや、やっぱり制服姿のきりっとしたお兄ちゃんたちはいい目の保養です。騎馬警官も素敵でした。



c0013324_711344.jpgそのままセント・ジェームズ公園の中を歩いてトラファルガー・スクエアに出ます。トラファルガーは前回のイギリス旅行では観光バスの中から眺めただけだったので、今回はちゃんとネルソンの像やら噴水を鑑賞してまいりました。舅によると、ここは鳩がたくさんいて大きな問題になっていたのですが、近年当局が鳩駆除に乗り出し、鳩のとまりそうな場所をとまりにくくする対策をとったのでほとんど鳩を見ることがなくなったそうです。そこから裁判所や法律事務所の並ぶ司法街を通っていきます。スーツ姿の人々が行きかう中、通りのあちこちに古い教会や彫像が立っていて新旧織り交ぜての町並みはただ歩くだけで楽しいものでした。

c0013324_7114211.jpg
そうこうするうちに舅の好きなお店がここにあるから買い物していくと言われて入ったお店がトワイニングでした。創業1706年。来年だったら創業300周年で何かもらえたかな?とっても狭い入り口からうなぎの寝床みたいに長いお店で、いろいろなお茶が所狭しと並べてありました。壁には歴代の店主の肖像画がかかっています。さすが紅茶の国です。素敵なティーカップなども売ってありましたが、こういうのは子供がもっと大きくなってからじゃないとね。

c0013324_715244.jpg


さらに歩いていくと今度は鉄の扉のついたアーチがあって、そこにTemple Churchの看板が。この教会、ダヴィンチ・コードに出てきたのです。残念ながら本日休館で入れませんでしたが、アーチから狭い路地を通って行ったところに隣のビルとの隙間もほとんどないくらいに入り口がありました。外から見ただけでも素敵なステンド・グラス。中から見たらまた素敵でしょうね。
c0013324_7133699.jpgc0013324_714164.jpg

長い長い散歩の終着点はセント・ポール大寺院でした。ささやきの回廊と石の回廊までがんばって階段を登りましたとも。下で待っていてくださいと言ったのに一緒に登った舅が途中で登れなくなったらどうしようと心配しましたが、どうやら上まで登ったので一安心。「石の回廊まで登ったなんて言っても家族の誰も信じてくれないだろうよ。」と言う舅に「私がちゃんと目撃証言しますから大丈夫。」地下のクリプトにはウィリアムブレイクの石碑など有名人がたくさん埋葬されていました。残念ながらナイチンゲールとネルソン提督のものはお色直し中で見られませんでしたが。聖堂内には7日のテロで犠牲になった人たちのためのろうそくがたくさんともっていました。
c0013324_7153419.jpgc0013324_7155160.jpg


[PR]
by johnnycake | 2005-07-12 07:08 | 旅行:イギリス・日本2005