オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

岩城宏之とメルボルン

先日指揮者の岩城宏之氏が亡くなりました。岩城氏はメルボルン交響楽団で最も長く主席指揮者を勤め、1987年には桂冠指揮者の称号を贈られています。この1987年というのは、実は私がメルボルンに留学した年で、ヴィクトリアン・アーツ・センターで何度かメルボルン交響楽団のコンサートも聞きました。メルボルンに来たばかりの私にとって、メルボルンで活躍し続けてきた岩城氏は、特に親しみの持てる海外で活躍する日本人だったのです。後年私がキャンベラに引っ越してから、アーツセンターから西に向かってヤラ川沿いにサウスバンクが開発され、カジノや大きなショッピングセンターが建てられたのですが、その中に「イワキ・オーディトリアム」も作られました。

その後すっかり面変わりしてしまったサウスバンクを何度か訪れましたが、その度に自分の過ごした1980年代終わりのメルボルンはもうなくなってしまったという思いを強くしました。しかし、サウスバンクからセント・キルダ通りに入ってアーツ・センターの尖塔を見ると、「ああ、やはりここはメルボルンだなぁ。」と思うのでした。夜でも明かりの煌々とともったアーツセンター。その周りを、寄ってくる蛾を目当てに飛び回るカモメたち。ここで10年以上主席指揮者を勤めた岩城氏も、きっとあのカモメたちの群れを眺めたことがあるのだろうと思います。岩城氏の訃報に接して夜空に飛び交うカモメを思い出すのも変な話ですが、私の中でメルボルンと岩城宏之は切っても切れない間柄だし、アーツセンターと夜空のカモメも切っても切れない間柄なのでした。



[PR]
by johnnycake | 2006-06-15 21:10 | 身の回り・生活