オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夏休のアクティビティ - スクラブルでちょっと息抜き

今年の夏休みももう残りわずかとなりました。長女は2月5日・月曜日からハイ・スクールが始まり、下の二人は火曜日から新学年になります。学年の変わり目ということもあって、夏休みの宿題がない子供たちに毎年夏休をどうやって過ごさせるかが悩みの種なんですが、今年はちょっと趣向を変えて(?)毎朝お勉強会をすることにしました。内容は、算数の問題集、読書、読書の要約、スペリング・テスト、ピアノの練習、タッチ・タイピングの練習というもので、子供たちの名前、日付、勉強項目を表にしたものを作り、毎日ちゃんとやった項目にシールを貼っていくというふうにしました。単純にシールが表に貼られていくだけでも、子供たちは結構やる気が起こるようでした。算数の問題集はそれぞれ最低2ページはやるように決め、1ページ全問正解すると、そのページに花丸をでかでかと描いてやるようにしたんですが、これが大好評で、花丸をもらうためにがんばることに。いやはや、子供ってかなり単純なことで喜べるんだなぁ、とびっくり。オーストラリアの学校では、正解にはチェックを入れ、間違っているところには小さく丸をつけることが多いので、日本の○×には最初「何これ?」と不思議がっていました。

我家の子供たちは皆読書は大好きで、要約などもそれなりにやりますが、スペリングが揃いも揃って大の苦手。英語はスペリングが発音の通りいかないものが多く、なかなか覚えるのが大変なようです。日本で言えば漢字を覚える感じに似ています。読書に使った本から毎日単語を拾い出してテストをしていたんですが、ふとMERRY&PIPPINさんのブログにあった記事を思い出し、ボードゲームのスクラブルをやってみることにしました。スクラブルというのは、升目の描いてあるボードにアルファベットの書いてあるタイルを並べて単語を作っていくものですが(ウィキペディアのスクラブルの項目参照)、当然(?)スペリングの練習にもなるというわけです。得点を競うと喧嘩になる可能性もあるので、得点をつけていく代わりにできあがった単語を誰が置いたかということを記録していくことにしました。全体的には単純な単語ばかり並びましたが、それでも、自分たちで色々な単語をああでもないこうでもない、とタイルを並び替えて考えるのは良い勉強になったと思います。

c0013324_92323.jpg

[PR]
by johnnycake | 2007-02-02 09:03 | 子供・家族