オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雨のスレドボ


c0013324_21192670.jpg 1月18日は連れ合いの誕生日でした。なので、その日は私も連れ合いも休みを取って家族皆で2泊3日の旅へと出かけました。行き先はスキーリゾートで有名なスレドボThreadboです。日本からきている両親は1月初頭から風邪を引いていて、折角の旅行にも行けないかも、と思ったのですが、とりあえず行くだけ行こうということで、小型のレンタカーを借り、自家用車と2台連ねて行ってきました。




 c0013324_21195480.jpg

生憎この週末は雨続きで、どこに行くにもずぶ濡れ状態。風邪がひどくなる、と両親はほとんど宿から出ませんでした。

私は今回初めてこのThreadboに行ったのですが、冬はスキー場として賑わうこの地は、夏にはオーストラリア最高峰であるコジオスコ山への登山口のひとつとなります。また、オリンピックサイズのプールや立派なジムがあり、国際舞台で活躍するアスリートたちの高地トレーニングの場としても使われています。実際我々の滞在中には、トライアスロンのトレーニング、クロス・カントリー・ラニングのトライアル、オフロード自転車のトライアルなどのイベントが目白押しでした。



今回のスレドボ行きの目的は、前々からコジオスコ山頂に登りたいという父の願いを叶えることと、連れ合いの誕生日祝いにちょっと特別なディナーでもということだったのです。山頂への登頂は、風邪でダウンした父と母を除いて我々だけで行こうと、リフトの下まで行ったのですが、そこのお姉さんに、「上の体感温度は零下4度くらいよ。手袋なしじゃ寒いわよ。」と脅され、軽装備だった我々は、子供たちの猛反対にも遭って、結局あきらめました。私も連れ合いもコジオスコの頂上には何度か登っているのですが、子供たちはまだ登ったことがないし、この時期高山植物が綺麗に咲いているので、いつかまた挑戦したいです。



c0013324_21234488.jpg

頂上行きの代わりにスレドボ川のほとりを散策するブッシュウォーキングをしてきました。全行程1時間半ほどのやさしいコースなのですが、歩くにつれ雨足がだんだんと強くなり、宿に帰った頃はずぶ濡れになってました。中でも一番濡れた次女は途中から「もう歩きたくない!」と道端に座り込んでてこでも動かない構え。彼女がそういう状態になるとなかなか難しいのです。幸い(?)この日は同じ山道を反対側からクロスカントリーランニングの人々が次から次へと走ってきて、通り過ぎて行きました。さすがの次女もこう次々と人が来るのでは、道端に座り込んでいるわけにも行かなくなり、しぶしぶと後をついてきたというわけです。

c0013324_21252054.jpg


ずぶ濡れにはなりましたが、久々のブッシュウォーキング、良い思いでになったと思います。スレドボの町そのものは、とてもこじんまりしていて、悪くないと思うのですが、オーストラリア有数のスキーリゾートだけあって、兎に角物価が高いのには呆れました。次回は少し離れたジンダバインに泊まってブッシュウォーキングのためだけにスレドボを訪れるようにしよう、と連れ合いと話しました。
[PR]
by johnnycake | 2008-01-24 21:22 | 遊び・旅行・イベント