オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

甘く見てた

先週の水曜日の夜、長女が「何かに刺されたみたい。痛い。」と言って背中を見せます。見ると、蚊に刺された跡のようなものが。よくよく見ると、穴が二つあいています。ということは、蜘蛛!?家の中でよく見かけるWhite Tailだったら嫌だなぁ、と部屋中探すけれど、蜘蛛はみつかりませんでした。毒蜘蛛ならば、吐き気がしたり熱が出たりするから、そうしたら病院に連れて行こうと思ったのですが、刺されたところが痛い以外は何ともないというので、その日はそのままにしていました。

翌日もまだ痛いというので、見てみると、腫れが少しひどくなっているようです。でも、触ると痛いというくらいで、他には何ともなかったので、アロエを塗ってそのままにしていました。

金曜日に遊びに来た元看護婦さんに見てもらったところ、蜘蛛かアリだろうけれど、そのままにしておけば、腫れもひくはず、と言われました。そして週末はあれこれと忙しく、長女も何も言わなかったので、忘れていたのですが、月曜になって前より痛くなったと言うのです。それも夜遅くなって言うものだから、火曜日の朝まで待って医者に予約を入れました。そうしたら、翌週まで空いてないって…。

火曜の夜には痛い痛いと言うので見たところすごく腫れているではありませんか。24時間空いている医療電話相談に連絡したところ、あれこれ聞かれ、「4時間以内に医者に連れて行きなさい。」と言われました。刺したものが何であれそのままにして置くのはまずい、というわけです。

夜遅くまでやっている予約なしの医療センターに連れ合いが長女を連れて行ったのが8時半で、受付の人に「28人待ってますから、その後でね。」と言われ、さらに、「このセンターは9時半で閉まりますから、それまでに先生に診てもらえなかったら、明日また来てください。」ということ。「そんな~~~~。」と途方にくれる(?)連れ合いと長女に「でも、看護婦さんに見てもらうだけだったら、速いですよ。」とナース・センターを教えてくれたそうです。

ナース・センターの看護婦さんには10分も待たずに診てもらえ、「あら、これはちょっと先生に診てもらわなきゃね~。」とすぐに医者を呼んでくれたそうです。(そんなら29人目で待つより最初からナース・センターに行ったほうが利口ってものでは???)

長女の蜘蛛だかアリだかに刺されたところは化膿していたそうで、医者が膿を搾り出し(?)、それは大さじ一杯にもなったそうです。あなおそろしや。

これがその膿を搾り出した後の傷口です。ほぼ実物大。

c0013324_2119862.jpg


いや、虫刺されだと甘く見たのがいけませんでした。アリや蜘蛛に刺されて、そこから化膿するのはよくあることなんだそうです。

長女は痛み止めと抗生物質を貰ってようやく痛みもひいて一安心です。
[PR]
by johnnycake | 2008-06-19 21:29 | 子供・家族