オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:子供・家族( 112 )

長女、18歳

長女が18歳になりました。先月末のことです。18歳はオーストラリアでは選挙権がもらえる「成人」です。お酒もOKとなります。

18歳の誕生日を祝ってレストランなどを借りて盛大にパーティをする人もありますが、我が家は自宅でささやかにお祝いということにしました。

長女の誕生日を祝うというよりは、我々「家族」の18年の軌跡を祝うという形にしました。

夕食会にはせず、夕食後の時間帯で「フィンガーフード」と飲み物という形式に。招待したのは50人を越えていましたが、風邪がはやっていたこともあって、実際には40人程度のパーティとなりました。

こられなかった人々もメッセージを寄せてくれ、こじんまりとした思い出に残るパーティとなりました。もう何年も会っていなかった古い友達も家族で参加してくれて、懐かしい話に花を咲かせたり。

次女や三女の18歳の誕生日にもこういった場を設けるかはわかりませんが、少なくとも彼女らの誕生日は真冬じゃないので、もう少し楽なんじゃないかと思います。

こちら↓はコストコで買ったケーキ。「48人分」となってました。

c0013324_19454895.jpg

[PR]
by johnnycake | 2012-07-09 19:46 | 子供・家族

末っ子バンド強化合宿

昨年に続いてキャンベラの公立中学校の生徒たちで構成するバンドでフルートを吹いている末っ子ですが、今年もまたその強化合宿がありました。2泊3日でみっちり練習し、その最後に保護者たちに成果を披露するコンサートがあります。

合宿の場所はキャンベラから30分強のところにあるBirrigaiという施設で、ここは小学校などが林間学校などにも使うところです。2003年の山火事で焼けてしまいましたが、その後再建しました。周りの山は山火事で焼けたときの爪あとがまだまだ残っています。

c0013324_219475.jpg



施設の中には小さなホールがあって、コンサートはそこで行われました。

c0013324_21114890.jpg



私は、毎週火曜日2時間のバンド練習につきあっているのですが、この合宿で皆格段に上手になってました。やっぱり集中すると違うんですね。

合宿を終えて帰り支度をする子供たち。

c0013324_21135323.jpg


子供たちが寝泊りしたキャビン。

c0013324_2115975.jpg


そこから見える景色です。

c0013324_21154713.jpg


施設内にはロッククライミングの壁も。

c0013324_21162087.jpg


先月完成したというモザイクの小路も素敵でした。

c0013324_2117218.jpg


合宿の後では、re-deskingと呼ばれる並び替えがあります。上達した子達の席次があがり、あまり練習しない子達の席次が下がるのです。末っ子はあがって欲しいと切に願っているわけですが、さて、どうなることやら。
[PR]
by Johnnycake | 2012-05-20 21:20 | 子供・家族

ちょっと早めのパーティ

週末に次女の14歳の誕生日パーティを少々早めながら行いました。

と言っても、計画・実行したのは、次女自身で、我々は言われた通りに手伝っただけと言ったほうが正解かもしれません。

次女は、いつもはのほほーん、としてますが、結構、やるときはやる、子なのです。

7人のお友達を呼んで、プール+お泊まりパーティでしたが、8人そろって寝る場所がない。そこで、庭に8人用のテントを張ってそこで寝ることになりました。(これも次女の案)

c0013324_19492733.jpg


プールは10日前に一度次女自ら掃除し、3日前にもきちんと掃除してました。パーティの食べ物もBBQということにし、自分で買い物リストを作りました。(買い物には私と三女が付き合いました。)

当日の朝は、次女と三女が2人だけできちんとテントを設定し、連れ合いも感心しきり。

パーティが始まってからは、連れ合いと三女がBBQの担当、私は後片付け専門、で心配した天気もそれほど悪くなく、ちゃんとプールで泳げました。

c0013324_19495297.jpg


c0013324_1950939.jpg


テントで寝るのもキャンプ気分で楽しそう。夜中までおしゃべりしてました。

そして午前4時、私は雷で起こされ、「あ、やばい。」と思ったら、案の定4つめぐらいの雷で8人とも皆家の中に逃げ込んできました。それでも、ちゃんとテントのジッパーを閉めてきたのは上出来で、そのすぐ後の大雨でもテントの中は濡れずに済みました。

8人ラウンジに押し込むかどうしようかと寝ぼけ眼で考えているうちに雨も雷も遠ざかったので、また8人揃ってテントで寝ることになりホッとするやら、おかしいやら。

結局、翌朝10時でお開きにするつもりが、朝またプールで泳ぎたいというので11時過ぎまで延長して楽しく終わりました。

皆楽しんでくれたようでよかったです。

新しいテーブルもしっかり活躍してくれました。これはお泊り後の朝食の後です。

c0013324_19505673.jpg

[PR]
by johnnycake | 2011-12-07 19:51 | 子供・家族

23年ぶりの再会

昨年6月に22年ぶりの再会で書いたクイーンズランドに住むかつてのホストファミリーの今度は長男のほうがキャンベラのコンフェレンスに出席するので会えないかと連絡して来ました。

去年の時点で今年の冬にはクイーンズランドまで会いに行かねば、などと書いていましたが、連れ合いのイギリス行きに加えて次女と三女のダーウィン行きを入れたので、結局計画もまともにしない内に先送り。

来年こそは、などと思っていた矢先の連絡です。このホストファミリーの長男は、超多忙な上に、仕事はパプアニューギニアがベースの人で、クイーンズランドに住む家族とパプアニューギニアの間を週ごとぐらいに往復しています。そんな彼がたまたまクイーンズランドの学校の春休みと重なっている時期にキャンベラでのコンフェレンスに出席するので、家族も連れてキャンベラに来ると言うのです。

直前まで出席するかどうかわからず、しかもカンタスのストとかち合いそうで、行けるかどうかも怪しいということで、連絡をくれたのが出発の前日。

いや、もうちょっと余裕持って知らせてくれても…。

23年ぶりの再会は、去年の22年ぶりの再会同様、お互い少し肉がついては来たものの、以前と変わらぬ調子で話が弾みました。さらに彼の奥さんとも意気投合し、子供達も良い子たちで、連れ合いもすっかり気に入って、家族ぐるみで話が弾んだのがとても良かったです。

このホストブラザーは、日本に一ヶ月ほど滞在したことがあり、その時にに東京から九州まで一緒に旅行し、あちこちのユースホステルに泊まった懐かしい思い出もあります。

奥さんはカナダ人で、彼自身カナダに10年ほど住んでいたこともあり、母国以外の場所に住むということでも共通点があって、それもまたよかったです。

近いうちに中間地点で一緒にキャンプなんてどうだい、などと連れ合いが持ちかけ、キャンプ大好きなあちらの奥さんもすごく乗り気でした。

これなら、3日かけて行くよりいいかもしれません。真面目に検討したいと思います。
[PR]
by johnnycake | 2011-10-03 06:28 | 子供・家族

仮免

長女・17歳・現在仮免取得して路上練習中です。怖いです。

キャンベラでは、15歳9ヶ月で仮免試験を受けることができます。学校でRoad Readyという授業があり、その一環として仮免筆記試験があります。それに合格すると、仮免を申請することができます。仮免のことをLearner Licenceと言います。

長女は筆記試験に3回挑戦して3回目にして合格し、仮免を取得しました。実はそれは1年以上前の話なんです。

仮免取得から6ヶ月以上・年齢17歳以上でP免許を取ることができます。PはProvisionalの略です。略すると仮のという意味になり、Pのほうが言葉上の意味としては仮免に近いのですが、P免許の場合は、同乗者なしで運転することができるので、日本での本免許と同じになります。

P免許と普通の免許の違いは、血中アルコール度がP免許の場合は0でなければならないなどがあるのですが、いずれにしても、普通免許は20歳にならなければ取得できません。

長女の場合、仮免取得してから数回連れ合いが同乗して路上練習をしましたが、なかなか練習が進まず、17歳になってもP免許を取得するまでの練習をすることができませんでした。

それで、先週からようやく重い腰をあげて、プロの教官に習うことになりました。私が運転を習ったのは自動車学校の教習所が最初だったんですが、キャンベラにはそんなものはなく、教官が車で家まで来てくれて、そこから即路上練習となります。

学校の終わる頃に教官が車で学校まで来て、そこから1時間あちこちと練習した後で、その車で自宅まで帰るというパターンが多いのです。携帯のメールで連絡を取り合い、学校や自宅以外でも指定した住所に来てくれます。

先日そのプロの教官による最初の授業がありました。我が家まで迎えに来てくれて、仮免路上練習中であるしるしの黄色いLマークをあちこちにつけた車で練習に出かけていきました。

c0013324_21404979.jpg


1時間約70ドル(現在のレートで5千円強)のレッスンです。

ちなみに、自家用車でレッスンのない日はちゃんと練習するように、というお達しがあります。先日それで長女の運転する車に同乗しました。いつもは連れ合いなんですが、今回は私も。すっごく怖かったです。しばらく同乗できそうにないです。

10日後に仮免練習中の子供を持つ親のための講習会があります。これってとっても大切な気がする…。
[PR]
by johnnycake | 2011-09-26 21:45 | 子供・家族

連れ合い帰還

水曜日に無事連れ合い帰国しました。5週間ちょっとぶり。

水曜日は仕事は1時間だけしか行かずにシドニーからのバスのターミナルまで迎えに行きました。

時差ぼけでしばらくは辛かったようですが、今日土曜日の朝はぐっすり眠れて(まだ寝てる)、そろそろオーストラリア時間に戻れたんじゃないかと思います。
[PR]
by johnnycake | 2011-09-10 06:33 | 子供・家族

あと5日

連れ合いがあと5日でイギリスから戻ってきます。

連れ合いだけでイギリスに帰省したのは、結婚してからは初めてです。
付き合い始めた頃は二人とも学生だったのですが、その時こちらの夏休みに連れ合いが一度帰省したことがあり、それ以来じゃないかと。

もちろん、私が子供達とだけオーストラリアに居残るのも初めてで、家事・子育てをかなーり連れ合いに頼っている私はちょっと不安でした。

でも、あと5日というところまでもった~~~~。自分だけでも何とかできたとちょっと得意です。^^;

こんなこと、夫を単身赴任で送り出す日本の主婦の皆さんに取っては朝飯前なのだと思いますが、私にとっては至難の業。

しかも、子供達がある程度大きくなったからできることで、小さい頃ならもう今頃どうなっていることやら、です。

結局仕事も休むことなくがんばれました。(ってまだあと5日あるけど。)

冬の一番寒い時期に連れ合いいなくて、なんか余計寒かった気がしますが、実際今年の冬はここ数年の中で一番寒かったそうです。長女が生まれた17年前の冬以来の寒さだったとか。零下の朝が続いたし、まだ時々零下になります。

でも、日に日に日が長くなってきているし、庭には水仙が咲き、木蓮も今年も咲いてくれました。

あ~、ようやく春だ~。そして、来週には連れ合い帰ってくる~。

動脈瘤の手術をした舅も順調に回復しているようで、行って良かったと昨晩iPhoneのFaceTimeを通じて連れ合いも満足そうでした。
[PR]
by johnnycake | 2011-09-03 07:19 | 子供・家族

どたばたの後出立

今朝連れ合いがロンドンに向けて出発しました。朝9時のシドニー行きのバスに乗り、午後3時シドニー国際空港発のシンガポール便で、もうそろそろ(現在午後11時半)シンガポールに着く頃です。

シンガポールで2時間待ち、ロンドン行きの飛行機に乗ります。シンガポールからロンドンは13時間です。やっぱ遠いわ、イギリス。オーストラリアからは、地球のほぼ反対側ですからね。

実は連れ合いは、イギリスには8月の終わりから9月の初めにかけて2週間ほど滞在する予定だったのです。それを早めたのが10日ほど前。というのも、舅が緊急手術・入院をしたからで、それは昨日退院したんですが、その後リハビリセンターで1週間過ごし、そこからロンドンから離れた2つ目の家で暫く療養することになってます。

ロンドン郊外にある自宅は古い建物の3階にあり、階段を50段上り下りしなければならず、まぁ半年ぐらいは舅は自宅に戻れないんじゃないか、と言われています。

連れ合いは、どうせ行く予定だったのだから、予定を早めて全行程5週間強として、最初の3週間は舅の面倒を色々と見られるんじゃないか、ということで、今日出発となりました。

それはいいんですが、当初の2週間の予定の中に、ランニングのイベントとサイクリングのイベントを入れていて、前々から自分の自転車を持って行くことにしていたのです。それ用に箱も購入し、自転車の解体+組み立ても何度か練習していて、準備万端、と思っていたのでした。

そうしたところ、今朝家を出る1時間前になって預ける荷物が20キロを超過した場合、自転車にかかる超過料金を間違えて計算していたことに気がついたのでした。往復で1万円だと思っていた超過料金が、6万円だったということに気がついて唖然。30分で超過料金なしの20キロに収めようとしたのですが、どうしても22キロを下回ることができず、もう半泣き状態。

こちらは、朝子供達を学校に連れて行かなければならず、当初皆で8時に家を出て子供達を送って行ってから連れ合いをバス乗り場まで連れて行くという案を変更し、私が子供達を先に学校に送って行く間に連れ合いが荷物の整理をするということにしました。20分の猶予を与えたわけです。しかし、これだとバスの時間に超ぎりぎり…。

子供達を送って家に戻ったら、自転車を持っていくことはあきらめた連れ合い、荷物をスーツケースに詰め替えて待っていました。この時点で既に8時35分。朝のラッシュにかかって、なかなか車が進まない。最悪の場合、次のバスで行くことになり、バス料金をまた払うことも覚悟しました。

バス乗り場に着いたのは、バス出発5分前でした。私が先にダッシュして、後から連れ合いがスーツケースを引きずりながら着いてくるという形に。出発前の最終点呼にぎりぎりセーフで連れ合いバスに乗り込みました。久しぶりのアドレナリンラッシュです。

とにかく飛び立ったので、とりあえずはホッとしました。

これから6週間近く、母子家庭がんばりたいと思います。
[PR]
by johnnycake | 2011-07-29 22:39 | 子供・家族

無事帰還

昨夜次女と三女が無事ダーウィンから帰ってきました。短いようで長いような9日間でした。

彼女達ったら、空港で我々を見つけたとたんに長女に走り寄ってハグ。続いてマシンガンのように二人して長女だけにダーウィンでの出来事を話し始めました。

連れ合いと私のことなど全く眼中にないのでした。

空港から自宅への車の中でもずっと娘達だけで話続け、それは我々が就寝するまで続きました。

ベッドに入ってポツリと連れ合いが「なんか、俺達いなくてもいいみたいだね。」と複雑な顔つきで言いました。

ま、親離れするのはいいんじゃないでしょうか。

日々の暮らしの中で、長女は次女とちょっと年が離れている(3歳半)ため、それほど下の二人とは一緒に行動しないし、興味の対象も違うものが多いと思っていたのですが、この9日間長女が一番二人のいないことを気にしていたし、戻ってくるのを一番楽しみにしていたようです。

何にしても姉妹仲がいいのはいいことなんじゃないかと思った次第です。
[PR]
by johnnycake | 2011-07-21 16:34 | 子供・家族

連れ合いのDIY

連れ合い、DIY結構好きです。寝室の棚だとか作ってみたりしたこともあります。

でも、最近は、ほんとに時間がなーい、の日々なので、ここ数年は何も作ってませんでした。

ところが、先日のキャンプ旅行で帰りに寄った木材屋さんで、気に入った材木が手に入ったのと、キャンプに一緒に行った家族の旦那がかなり木をつかった家具なんかを器用に作ったりしている人だったのとで、連れ合い一念発起し、寝室で使う簡単な家具を作ってみようという気になったようです。

家具と言っても、棚に毛が生えた程度のものなんですが、ベッドの端にこういうのが欲しいね、と言っていた矢先なので、自分で作ることに。

まずは、やすりをかけて、足になる部分を作ります。棚の部分は木材の原型をとどめて手作り感を出してます。

c0013324_1884766.jpg


これで一番やっかいだったのは、棚を足に固定する部分かも。キャンプに来た例の旦那さんが色々手伝ってくれたし、道具類も貸してくれたので、ほんとに助かりました。

c0013324_1895141.jpg


準備・その他入れて、結局1週間もせずにできあがり。木材に塗ったオイルの匂いがかなり強かったので、2日ほどガレージを置いておきました。

こうしてベッドの端に置いてみると、それなりに味があるってものです。

c0013324_18115611.jpg


これを作っていたときの連れ合いの楽しそうな様子ったらなかったし、買おうと思っていた家具は6万円以上するものだったけれど、これの材料費は1万円ちょっと。

趣味と実益がうまく合ったプロジェクトでした。
[PR]
by johnnycake | 2011-02-10 18:19 | 子供・家族