オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

遅まきながら

もう2ヶ月前になる私の誕生日なんですが、そのプレゼントが1カ月遅れて届き、更に1カ月が過ぎてしまいました。でも、折角だから紹介して置きます。

連れ合いからのプレゼントです。

c0013324_20474572.jpg


90リットル入る水槽です。前から小さい30リットル弱の水槽は持っていたので、水槽が2つになりました。

小さいほうにはテトラを6匹飼っています。大きいほうには、グッピーを4匹飼っているんですが、数週間前に稚魚が4匹泳いでいるのを発見!慌てて産卵箱にすくいとりました。

グッピーは稚魚を食べますからね。前にも生まれた事があったんですが、3日で全部食べられてしまいました。

下の写真、稚魚が見えるかな?

c0013324_20474647.jpg


また産みそうなのがいるので、産卵箱に隔離してあります。上下に仕切られていて、稚魚は小さい穴から下に落ちる仕組みになっています。

c0013324_20474842.jpg


ちゃんと生まれてくるといいんですが。
[PR]
# by johnnycake | 2012-01-10 20:25 | 身の回り・生活

猛暑の年明け

あけましておめでとうございます。

昨日から出勤しているので、全然正月気分でないのですが。

今年は猛暑の年明けでした。とくに南オーストラリア州、ヴィクトリア州は暑く、ここ100年で一番暑い年明けとなったそうです。

キャンベラも1日は31度、2日、3日と34度を越え、今日もまた32度でした。明日は29度と少し涼しくなるそうです。

もう異常気象なんて言葉も使い古した昨今ですが、去年はキャンベラあたりでは1970年代以来の降雨量を記録したそうで、珍しく雨の多い一年でした。今年もまだまだラニーニャの影響で降雨量は例年に比べて多いそうですが、去年の今頃のような洪水騒ぎまでの降雨量はないだろう、と今日のニュースで言っていました。

今年もまた去年に引き続いて健康のための運動を続け、読書・ピアノの趣味を続けて行きたいと思います。

自宅で開催している読書会のほうももう5年目に入りました。ピアノのほうはなかなか上達しませんが、それでも楽しくやってます。

今年は長女が高校三年生になります。次女は中学三年生(と言っても受験はないのでのんびりですが)、そして三女が中学二年生になります。

数年前まで小学生がいたことが嘘のようなこのごろ。もうそろそろ三女も私の背を追い越しそうです。そうしたら、私が家族の中で一番小さくなってしまいます。次女などはもう5センチ以上私より背が高くなってます。

気がつけばあっという間に子供達が大きくなっていて、もうあと数年したら巣立ちの時期となるわけですね。これからの数年が「家族」として毎日を過ごす最後の数年になると思うと、ちょっとびっくりです。

そう書きながら、今晩は長女も次女も友達のところで過ごすので、家には夫婦と三女だけ。今年はこういう日々がますます増えていくんだろうな、と思います。
[PR]
# by johnnycake | 2012-01-04 20:39 | 身の回り・生活

クリスマス電飾 世界一

Merry Xmas! 今年もクリスマスになりました。
我が家は今朝からプレゼントを開けたり、イギリスの親戚とFaceTimeしたりと、すっかりホリデーモードです。

昨日までの駆り立てられるような気分はすっかり抜けて、今日は何もしなくていいや~、って感じです。

昨日の夜は、クリスマス・モードを大いに盛り立てる場所に行って参りました。この度めでたく「世界一のクリスマス電飾の家」とギネス・ブックに認定された家が、何とこのキャンベラにあるのです。フォレストという、高級住宅街にあるんですが、しばらく前からその家のことが話題になっていまして、昨日のイヴに長女の運転する車にて行ってきました。(以前よりは大分上達してました。まだ仮免です。^^;)

その家のある通りに近づくと、異常な数の車が止めてあり、交通整理をするお巡りさんまでいる始末。通りそのものは一時的に一方通行と化してまして、道の両側は歩行者でごった返してました。

幸いかなり近くに駐車することができ、家の前まで行ってみると、庭に入るための列ができていて、3分待ち。入場に際してゴールド・コイン(1ドルもしくは2ドル)の寄付を募っているとのことでした。半端じゃないです。寄付金はSids and Kidsという乳幼児突然死症候群の研究をサポートしている団体に寄付されることになっています。

道の反対側から見た家の様子。庭の大きな木が巨大なクリスマスツリーと化してます。

c0013324_10271545.jpg


この電飾の凄さは、中に入ってからが本番で、入ってすぐに電飾のトンネルに圧倒されます。

c0013324_10284575.jpg


庭の中でなんらかの電飾がつけられていないモノはない、と言っていいでしょう。

c0013324_1029569.jpg


「大物」電飾は主にトナカイでしたが、それにもいくつか種類がありました。

c0013324_10302549.jpg


c0013324_10311432.jpg


c0013324_1032463.jpg


クリスマスツリーに見立てた庭の巨木の電飾がこれまた凄くて、音楽に合わせて色が変わるのです。

c0013324_10335982.jpg


c0013324_10341729.jpg


c0013324_10343418.jpg


いや、もう、開いた口がふさがらないというか、何というか…。

ちなみに、使われた電球の数は331,038個ということでした。これまでのギネスブックは250,000個程度ということでしたので、一気に記録を塗り替えたことになります。

この家の様子は、イギリスの新聞のサイトでも紹介されています。(ビデオつき)
イギリスの新聞サイトに乗ったこの家の記事

とにもかくにも、今年も残りわずか。我が家は、1月2日まで仕事が休みなので、のんびりしたいと思います。
[PR]
# by johnnycake | 2011-12-25 10:31 | キャンベラの風景

続けて映画

今週はどうしたわけか映画三昧の週となりました。

火曜日にThe Iron Ladyのプレミアを見に行き、今日はIn Timeを見て、明日はArthur Christmasの予定です。明日は次女の誕生日なので、家族で映画を見に行くことになりました。

The Iron Ladyは英国初の女性首相マーガレット・サッチャーを主人公とした映画で、オーストラリアでの公開日は12月26日となっていますが、DENDYの先行上映会に行くことができました。

主演メリル・ストリープ。とにかく彼女の演技がすごい。それとメイク。あのメリル・ストリープがサッチャー女史に見えちゃうってのがもう驚きです。

物語は老いたサッチャー女史の夫を亡くしたときから始まり、フラッシュバックで昔の様々な出来事が出てくるという趣向になってます。若い頃のサッチャー女史役の女優さんもよかったです。

夫のデニス・サッチャー役のジム・ブロードベンドもいい味出してました。

打って変わって今日見た映画はIn Time。近未来ディストピア映画です。「時間」をお金として流通させている社会。25歳になると腕に「残り時間」が表示され、人々は年老いることがなくなりますが、時間が稼げない人はタイムアウトで死んでしまうというものです。

なかなかおもしろい趣向でした。登場人物のほとんどが25歳に見えるってのもなんか一種不気味でしたが。お金持ちの登場人物がこれが母、こちらが妻、そしてこれが娘と紹介するそのどれもが同じ年齢に見えるってのがまたすごかったりして。

そういえば、小松左京に年寄りが迫害されて地下に潜っている社会を書いたSF作品がありましたが、あの社会もこんなふうに若い人ばかりの社会なんですね。かなーり不気味。

明日の映画はアニメーションでハイテクを駆使したサンタの話のようです。
[PR]
# by johnnycake | 2011-12-15 21:44 | 遊び・旅行・イベント

ちょっと早めのパーティ

週末に次女の14歳の誕生日パーティを少々早めながら行いました。

と言っても、計画・実行したのは、次女自身で、我々は言われた通りに手伝っただけと言ったほうが正解かもしれません。

次女は、いつもはのほほーん、としてますが、結構、やるときはやる、子なのです。

7人のお友達を呼んで、プール+お泊まりパーティでしたが、8人そろって寝る場所がない。そこで、庭に8人用のテントを張ってそこで寝ることになりました。(これも次女の案)

c0013324_19492733.jpg


プールは10日前に一度次女自ら掃除し、3日前にもきちんと掃除してました。パーティの食べ物もBBQということにし、自分で買い物リストを作りました。(買い物には私と三女が付き合いました。)

当日の朝は、次女と三女が2人だけできちんとテントを設定し、連れ合いも感心しきり。

パーティが始まってからは、連れ合いと三女がBBQの担当、私は後片付け専門、で心配した天気もそれほど悪くなく、ちゃんとプールで泳げました。

c0013324_19495297.jpg


c0013324_1950939.jpg


テントで寝るのもキャンプ気分で楽しそう。夜中までおしゃべりしてました。

そして午前4時、私は雷で起こされ、「あ、やばい。」と思ったら、案の定4つめぐらいの雷で8人とも皆家の中に逃げ込んできました。それでも、ちゃんとテントのジッパーを閉めてきたのは上出来で、そのすぐ後の大雨でもテントの中は濡れずに済みました。

8人ラウンジに押し込むかどうしようかと寝ぼけ眼で考えているうちに雨も雷も遠ざかったので、また8人揃ってテントで寝ることになりホッとするやら、おかしいやら。

結局、翌朝10時でお開きにするつもりが、朝またプールで泳ぎたいというので11時過ぎまで延長して楽しく終わりました。

皆楽しんでくれたようでよかったです。

新しいテーブルもしっかり活躍してくれました。これはお泊り後の朝食の後です。

c0013324_19505673.jpg

[PR]
# by johnnycake | 2011-12-07 19:51 | 子供・家族

池もちょっとだけ…

先日屋外用の家具を買った話をしましたが、その屋外エンタメエリアには、小さな池がありまして、そこもちょっとだけ変えてみました。

12年前に引っ越してきたときからある噴水つきの池なんですが、実は連れ合いも私もこの噴水があんまり好きではなかったのです。池のサイズの割に大きすぎるし、だいたい水の落下する距離がありすぎて夏にはこれを使うと、水がどんどん蒸発していくようで…。

c0013324_20103859.jpg


そこで思い切って、この噴水をとりはずし、もっと落差のない目立たない噴水にしてみました。

c0013324_20112970.jpg


ギリシャ彫刻まがいの古いほうの噴水のほうがいい!と子供達は言いますが、私は新しいほうが質素な我が家には似合っている気がするし、すっきりしてていいと思ってます。

ずっとほったらかしにしてきた池ですが、掃除をしてみると、そこにはまだ一匹だけ金魚が生き残っていました。これを機に少し景気つけてやろうと、さらに6匹の金魚を買ってきました。

c0013324_20145287.jpg


最初はお互いおっかなびっくり様子を見ていましたが、先日覗いてみたところ、池に元からいる少し大きめの金魚の後を新しい金魚たちがいそいそとついて泳いでいる様子が見られました。

仲間が増えて喜んでくれているといいんですが。
[PR]
# by johnnycake | 2011-11-26 20:17 | 自然・庭

ちょっと散財

ここ数年、そろそろ買い換えたいという家財道具がいくつも出てきていたんですが、今年に入って少し貯金ができるようになったので、思い切って先週末ちょっとばかし散財しました。

まず、キッチンのカウンターに置いてあった古~い椅子ですが、↓ これ、12年前に中古で買ったものです。

c0013324_1920296.jpg


もう椅子の部分ががたがたで、これを修理するとか連れ合いが言い出したので、そんなもん修理せんで新しいのを買う!と、バーにあるような椅子を買いました。(カウンターの上の乱雑なのには目をつぶってください)

c0013324_19211444.jpg


値引きしてあったし、一つは在庫がなかったので、さらに安くしてもらいました。子供達は、この椅子の様子が笑っている顔に見えてかわいいと言います。

そして、外にあるバーベキュー+エンタテイメントエリアですが、ここに置いてあった古いテーブルも処分することに。もともとは家の中の食卓だったんですが、ちょっと大きすぎるテーブルだったので、室内用のを買い換えたときに外に出したのでした。

c0013324_1922061.jpg


もともと室内用の家具なので、外に出したらぼろぼろ。しかも移動させるのに重いし。ということで、処分し、その代わりの家具と、前から連れ合いが欲しいと言っていたブランコ椅子を買うことに。

ブランコ椅子のどこがいいんだか!?と言いながら、末っ子と2人で早速座ってみる私です。

c0013324_19222328.jpg


屋外用のテーブルを組み立てる連れ合いと後ろで椅子のセッティングをする次女と三女。

c0013324_1922411.jpg


できあがりはもう薄暗くなってからでしたが、見違えるくらいモダンな様相になりました。

c0013324_19231162.jpg


いや、散財しましたが、たまにはいいですよね。これからの屋外シーズンに向けて準備は着々と進んでいます。あとは新しいBBQが買えたら言うことないんですけどね。
[PR]
# by johnnycake | 2011-11-18 19:24 | 身の回り・生活
だいぶ間があいてしまいましたが、連休中に行ったRosedaleでのハイキングの様子を載せておきます。

iPhoneを入手してからは、ジョギングやハイキングに欠かさず持って行き、RunKeeperというアプリで記録しています。ほんとに手軽にこういったアクティビティが記録でき、そこからそのままFacebookに投稿できたりするので便利です。(私はあんまりFacebookへの投稿はしてませんが。)

今回のハイキングは大人5人のみで行き、子供達は宿の近くのビーチで寝そべってました。

RunKeeperの記録によると全行程6.53キロ、所要時間2時間35分となってます。歩いたところが地図の上に表示され、さらに標高差が表示されるのが気に入ってます。

c0013324_12291043.jpg


下の写真2枚は、出発地点から2キロ弱ほどの地点にあるゲリラ・ベイと呼ばれる小さな入り江で撮りました。入り江の入り口付近に2艘のカヌーが写っていますが、ちょっと観づらいかな。

c0013324_12313310.jpg


干潮時には島に歩いて渡れるようになります。丁度干潮時ではありましたが、今回は島には渡りませんでした。

c0013324_1232018.jpg


目的地は半島の先っぽで見晴らしのいい場所。

c0013324_1233276.jpg


沖を行くさっき入り江で見たカヌーも見えました。とびきり見晴らしのいい場所に小道がついていて、そこを降りると小さなベンチがありました。そのベンチにはある老婦人がが亡くなった夫を偲んで寄付した旨が記されていました。

c0013324_12352618.jpg


きっと元気な頃は2人でよくこのあたりの眺めを楽しみに来ていたのだろうと思います。この日は気持ちいい快晴でした。

宿の近くの海岸まで戻ってみると、少年たちは、砂浜に穴を掘って既に焚き火をしてました。そこからかなり離れた場所で少女たちはみな肌を焼くのに忙しく。そんなに焼いたら皮膚がんになるってば、などと言う親の言うことを聞くくらいなら苦労はないんですけどね。

c0013324_12382687.jpg


ビーチから今来た道を振り返ると、帰りの途中の分かれ道で別行動を取った残り半分が戻ってきてました。

c0013324_12393287.jpg


今回の小旅行のハイライトは、文句なしにこのハイキングでした。距離も眺めも申し分のないものでした。また訪れたいと思います。
[PR]
# by johnnycake | 2011-10-29 12:41 | 遊び・旅行・イベント

連休はSouth Rosedaleへ

先週末はキャンベラ市民にとって連休でした。その前の週末も連休だったので、2回続けての連休。そして、学校は2週間の春休みの真っ最中。ということで、友達2家族と計3家族でいつものごとく海岸まで行ってきました。

いつもならキャンプ旅行なんですが、今回はお友達の1人が見つけてきたホリデーハウスを借りました。合計14人が泊まれる家です。(日本みたいに雑魚寝ができる畳部屋とかあればいいですけど、一応ベッド数で泊まれる人数が決まるのです。)

連休直前に見つけたのと、今回の連休はキャンベラ以外は連休じゃないということもあって、割安で泊まることができました。我が家から5人+長女のボーイフレンド、友達家族1は5人、友達家族2は2人、総勢13人の構成で、車4台で繰り出しました。

行き先はSouth Rosedaleというところで、キャンベラから車で2時間半ほどです。

c0013324_141984.jpg


今回は仮免の長女が我が家の車を往復運転し、助手席では連れ合いがいろいろと指導いたしました。

これ、この通り、荷物をいっぱい積んでの山道です。

c0013324_1413374.jpg


私は怖がりなので、後続の友達家族のお父さんの運転する車で行かせてもらいました。次女はお友達のいるこれまた別の家族の車で。長女の運転する車にはボーイフレンドと三女が乗っていきました。

借りた家のベランダからの眺めがこれ。

c0013324_1442136.jpg


生憎ちょっと肌寒いくらいの天気で、ビーチで泳ぐのはあんまり向いていない数日でしたが、ハイキングや、夜のゲームやらで楽しみました。

それにしても、今や小学生のいなくなってしまったこの3家族。どうです、この中高生の集団!

c0013324_1451835.jpg


下は中学一年生から上は高校三年生まで、総勢8人の「若者」たち~。高校三年生はもう普通免許持ってるし、お酒も飲めます。(実際大人に混じってビール飲んでました。)

2日目にはちょっと遠出してBrouleeという半島をぐるっと歩きました。かなり大きな海鳥(まだ名前調べ中)や、ワラビーなどがいました。

c0013324_1481289.jpg


c0013324_1483077.jpg


この半島は岩場が多く、磯釣りには格好の場所のようですが、事故も多いらしく、ここで亡くなった人の名前を記した金属板が埋め込まれた箇所もいくつかありました。

c0013324_14102490.jpg

[PR]
# by johnnycake | 2011-10-16 14:12 | 遊び・旅行・イベント

忽然と…

先日職場の近くを歩いていたら、それまでに見たことのなかったものが歩道に出現してました。

私の職場は官庁街にありますが、そこに9月半ばに出現したのが、この銅像です。

c0013324_1962882.jpg


この二人、二人ともがオーストラリアの首相を務めた人物です。第二次世界大戦中に首相だったJohn Curtinと、当時大蔵大臣で、Curtinの後継で首相となったBen Chifleyの銅像です。

等身大ではなく、スコシ大き目のようです。

キャンベラのサバーブの名前には、オーストラリアの有名人(特に政治家)の名前が使われることが多く(アボリジニーの言葉も使われますが)、カーティンとチフリーもどちらも南側の地域にあるサバーブの名前に使われています。(実は我々、今の家の前にはチフリーにある家に住んでいました。)

この写真を撮ったときは、別の女性二人組みもまた写真を撮っていて、そのうちの一人は、この銅像の間に入って写真に納まってました。

ちょっとばかり観光名所からはずれている場所にあるので、どちらかと言うと地元民向け(?)に作った銅像かな、という気もしますが、これからこういう銅像が増えるのかしらん?

ちなみに、この銅像の後ろに見える建物はDepartment of Prime Minister and Cabinetの建物です。(日本で言うなら内閣府?)

Paul KeatingBob Hawkの銅像の間になら割って入って記念写真に納まるんだけどな。

あと、John Howardだったら、夜中に行って落書きしてやりたくなる衝動に駆られることは間違いないです。(あ、いや、しませんよ、そんなこと。言うだけです。気が小さいし。)
[PR]
# by johnnycake | 2011-10-05 19:26 | キャンベラの風景