オーストラリアの首都はキャンベラ!でも、あんまり知名度高くないですね。^^;そんなキャンベラからごくフツーのオーストラリア生活をお届けしてます。


by johnnycake
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

23年ぶりの再会

昨年6月に22年ぶりの再会で書いたクイーンズランドに住むかつてのホストファミリーの今度は長男のほうがキャンベラのコンフェレンスに出席するので会えないかと連絡して来ました。

去年の時点で今年の冬にはクイーンズランドまで会いに行かねば、などと書いていましたが、連れ合いのイギリス行きに加えて次女と三女のダーウィン行きを入れたので、結局計画もまともにしない内に先送り。

来年こそは、などと思っていた矢先の連絡です。このホストファミリーの長男は、超多忙な上に、仕事はパプアニューギニアがベースの人で、クイーンズランドに住む家族とパプアニューギニアの間を週ごとぐらいに往復しています。そんな彼がたまたまクイーンズランドの学校の春休みと重なっている時期にキャンベラでのコンフェレンスに出席するので、家族も連れてキャンベラに来ると言うのです。

直前まで出席するかどうかわからず、しかもカンタスのストとかち合いそうで、行けるかどうかも怪しいということで、連絡をくれたのが出発の前日。

いや、もうちょっと余裕持って知らせてくれても…。

23年ぶりの再会は、去年の22年ぶりの再会同様、お互い少し肉がついては来たものの、以前と変わらぬ調子で話が弾みました。さらに彼の奥さんとも意気投合し、子供達も良い子たちで、連れ合いもすっかり気に入って、家族ぐるみで話が弾んだのがとても良かったです。

このホストブラザーは、日本に一ヶ月ほど滞在したことがあり、その時にに東京から九州まで一緒に旅行し、あちこちのユースホステルに泊まった懐かしい思い出もあります。

奥さんはカナダ人で、彼自身カナダに10年ほど住んでいたこともあり、母国以外の場所に住むということでも共通点があって、それもまたよかったです。

近いうちに中間地点で一緒にキャンプなんてどうだい、などと連れ合いが持ちかけ、キャンプ大好きなあちらの奥さんもすごく乗り気でした。

これなら、3日かけて行くよりいいかもしれません。真面目に検討したいと思います。
[PR]
# by johnnycake | 2011-10-03 06:28 | 子供・家族

仮免

長女・17歳・現在仮免取得して路上練習中です。怖いです。

キャンベラでは、15歳9ヶ月で仮免試験を受けることができます。学校でRoad Readyという授業があり、その一環として仮免筆記試験があります。それに合格すると、仮免を申請することができます。仮免のことをLearner Licenceと言います。

長女は筆記試験に3回挑戦して3回目にして合格し、仮免を取得しました。実はそれは1年以上前の話なんです。

仮免取得から6ヶ月以上・年齢17歳以上でP免許を取ることができます。PはProvisionalの略です。略すると仮のという意味になり、Pのほうが言葉上の意味としては仮免に近いのですが、P免許の場合は、同乗者なしで運転することができるので、日本での本免許と同じになります。

P免許と普通の免許の違いは、血中アルコール度がP免許の場合は0でなければならないなどがあるのですが、いずれにしても、普通免許は20歳にならなければ取得できません。

長女の場合、仮免取得してから数回連れ合いが同乗して路上練習をしましたが、なかなか練習が進まず、17歳になってもP免許を取得するまでの練習をすることができませんでした。

それで、先週からようやく重い腰をあげて、プロの教官に習うことになりました。私が運転を習ったのは自動車学校の教習所が最初だったんですが、キャンベラにはそんなものはなく、教官が車で家まで来てくれて、そこから即路上練習となります。

学校の終わる頃に教官が車で学校まで来て、そこから1時間あちこちと練習した後で、その車で自宅まで帰るというパターンが多いのです。携帯のメールで連絡を取り合い、学校や自宅以外でも指定した住所に来てくれます。

先日そのプロの教官による最初の授業がありました。我が家まで迎えに来てくれて、仮免路上練習中であるしるしの黄色いLマークをあちこちにつけた車で練習に出かけていきました。

c0013324_21404979.jpg


1時間約70ドル(現在のレートで5千円強)のレッスンです。

ちなみに、自家用車でレッスンのない日はちゃんと練習するように、というお達しがあります。先日それで長女の運転する車に同乗しました。いつもは連れ合いなんですが、今回は私も。すっごく怖かったです。しばらく同乗できそうにないです。

10日後に仮免練習中の子供を持つ親のための講習会があります。これってとっても大切な気がする…。
[PR]
# by johnnycake | 2011-09-26 21:45 | 子供・家族
今日はずいぶん前から行ってみようと思っていたStromlo Forest Parkに行ってきました。

この公園は2003年1月のキャンベラの山火事で壊滅的打撃を受けた松林の跡地にできたものです。

キャンベラの山火事については、このブログでも何度か書きました(以下のページ参照)が、それももう8年以上前の出来事となってしまいました。

あれから2年
あれから3年
山火事から4年、今年も暑い日が続いています

このStromlo Forest Parkですが、数年前にマウンテンバイクの全国大会があったこともあり、マウンテンバイクの競技場として知られているのですが、同じ敷地内にロードレース用の自転車トラックや、ランニング用のトラックなどもしっかり整備されています。

そして、山火事の記念碑なども建っているのでした。

c0013324_20505734.jpg


当時の写真をいくつもモザイクのように並べた記念碑もありました。

c0013324_2051556.jpg


広い公園内の案内図には、マウンテンバイクのトラックなどの地図が。この地図の左中央ほどには、天文台があります。一番長い青いトラックは半分は山すそを走り、山頂まで登ってまた降りるというマウンテンバイクトラックですが、山を一気に降りるダウンヒルトラックもあります。

c0013324_20524874.jpg


で、ランニング用のトラックですが、それは、こちらの看板にあるようにDEEK'S TRACKと呼ばれています。

c0013324_20552219.jpg


DEEKというのは、先日も紹介した、オーストラリアのマラソン選手ロバート・ド・キャステラ選手の愛称です。キャステラ選手は、キャンベラに住んでいるのですが、2003年の山火事で家が全焼しています。

このDEEK'S TRACK、一番長いトラックで2.5キロです。途中を省けば1キロになったり500メートルになったりするトラックで、その日の気分で長さが自在に決められるというのがいいです。

今日は2.5キロを二周して5キロ走ってきました。

トラックは芝生がうえてあって、足に優しいやわらかいトラックとなっています。アスファルトの道を走るよりスピードは落ちるのですが、気持ちがいいです。

また、見晴らしもよく、遠くにキャンベラのシンボルとも言えるテルストラ・タワーも見えました。

c0013324_2113525.jpg

[PR]
# by johnnycake | 2011-09-18 21:04 | キャンベラの風景
日曜日はキャンベラで最大のランニングイベントThe Canberra Times Fun Runがありました。そして、今年私も初挑戦しました。

連れ合いはこれまでに何度か参加したことがあります。

コースは南のWodenというショッピングセンターの近くからキャンベラの中心街にあるバーリー・グリフィン湖のほとりまで10キロです。

毎朝通勤に使うAdelaide Avenueという大通りを走りました。いつもなら車で時速80キロで飛ばす道です。

そうか、ここは登りだったのか、とか、あそこからここまではこんなに遠いのね、などと思いながらいつもの通勤路を走りました。

そして、私と同じくらいのスピードで走る様々な人々を眺めながら、明らかに70歳を超えているおじいさんに遅れをとらないようにがんばって走りました。いや、元気な老人というのは結構いるものですね。

無事10キロ完走。目標の70分を下回る65分でゴールインしました。

連れ合いはこのイベント自己最高の52分でした。一緒にスタートした日本人のお友達は58分、連れ合いと一緒にときどき自転車で遠出するお友達は48分、その娘さんは56分で完走。

一緒に参加した友達グループの中では一番遅かった私ですが、ま、年齢も連れ合い以外は私が一番年上だし、一番運動嫌いだし、ということで、自分の中では満足できる記録だったと思います。

このイベント、今でも記録保持者はロバート・ド・キャステラなのだそうです。

c0013324_21441242.jpg

[PR]
# by johnnycake | 2011-09-13 21:45 | 遊び・旅行・イベント

連れ合い帰還

水曜日に無事連れ合い帰国しました。5週間ちょっとぶり。

水曜日は仕事は1時間だけしか行かずにシドニーからのバスのターミナルまで迎えに行きました。

時差ぼけでしばらくは辛かったようですが、今日土曜日の朝はぐっすり眠れて(まだ寝てる)、そろそろオーストラリア時間に戻れたんじゃないかと思います。
[PR]
# by johnnycake | 2011-09-10 06:33 | 子供・家族

あと5日

連れ合いがあと5日でイギリスから戻ってきます。

連れ合いだけでイギリスに帰省したのは、結婚してからは初めてです。
付き合い始めた頃は二人とも学生だったのですが、その時こちらの夏休みに連れ合いが一度帰省したことがあり、それ以来じゃないかと。

もちろん、私が子供達とだけオーストラリアに居残るのも初めてで、家事・子育てをかなーり連れ合いに頼っている私はちょっと不安でした。

でも、あと5日というところまでもった~~~~。自分だけでも何とかできたとちょっと得意です。^^;

こんなこと、夫を単身赴任で送り出す日本の主婦の皆さんに取っては朝飯前なのだと思いますが、私にとっては至難の業。

しかも、子供達がある程度大きくなったからできることで、小さい頃ならもう今頃どうなっていることやら、です。

結局仕事も休むことなくがんばれました。(ってまだあと5日あるけど。)

冬の一番寒い時期に連れ合いいなくて、なんか余計寒かった気がしますが、実際今年の冬はここ数年の中で一番寒かったそうです。長女が生まれた17年前の冬以来の寒さだったとか。零下の朝が続いたし、まだ時々零下になります。

でも、日に日に日が長くなってきているし、庭には水仙が咲き、木蓮も今年も咲いてくれました。

あ~、ようやく春だ~。そして、来週には連れ合い帰ってくる~。

動脈瘤の手術をした舅も順調に回復しているようで、行って良かったと昨晩iPhoneのFaceTimeを通じて連れ合いも満足そうでした。
[PR]
# by johnnycake | 2011-09-03 07:19 | 子供・家族

少しずつ進んでます

以前ジョギングで書きましたが、健康のためにジョギングを始めたのが今年の2月。時々休んだりもしますが、なんとか続けています。

ようやくあえぎあえぎではありますが10キロを走ることもできるようになりました。Running Smileのサイトに登録し始めてから現在まで264.38キロ走ったことになってます。私にしてはここまで続くなんて快挙!

そのRunning Smileのサイトでは、ヴァーチャルでカナダのハリファックスからバンクーバーまで5900キロ強の道のりの上で自分が今どこまで来たかを見ることができます。

それで見てみると、私は今ここに↓います。

c0013324_1838871.jpg


この右端に見える人間が私です。はい、全然進んでないみたいに見えます。

でも!拡大してみると、少しは前進しているのです~。

c0013324_18391885.jpg


少なくとも、ノバスコシア州を出ることは出たのです。^^;(ウィキぺディアのノバスコシア州のページ<英文>

今は隣の州であるニューブランズウィック州にあるモンクトンという町を過ぎたあたりを走っていることになります。(ウィキペディアのモンクトンのページ<英文>)

この調子だとバンクーバーまで何年かかることか。でも、まぁ、ちょっとずつでも進んでいるのはいいことですよね。
[PR]
# by johnnycake | 2011-08-25 18:52 | 身の回り・生活
しばらく前になりますが、長女が友達から誕生日プレゼントにもらったものの中にHARAJUKU LOVERSと書かれたこの箱があります。

c0013324_20501926.jpg


HARAJUKUとは、言うまでもなく東京のあの原宿なわけですが、この箱、開けると中はこのようになってます。

c0013324_2051493.jpg


この人形たち、どれも原宿ガールっぽい格好をしていて、背景も原宿のようなものになってます。

で、これが何なのかと言いますと、人形の下の台の部分がボトルになっていて、香水が入っているのでした。

c0013324_20534078.jpg


5種類の人形に5種類の香水が入っているというわけです。

これは、グウェン・ステファーニというアメリカの女性歌手がプロデュースしたもので、箱の中央にいる金髪の人形は彼女自身を示しているようです。(グウェン・ステファーニに関するウィキペディアのページはこちら

グウェン・ステファーニにはHARAJUKU Girlsという曲があり、かなりヒットしました。



うちの娘たちもこの曲に触発されてか、この次東京に行くときは原宿に行きたいと言っています。
[PR]
# by johnnycake | 2011-08-17 21:08 | 身の回り・生活

車のステッカー

最近ちらちらと見かけるようになった、車のステッカーがあります。それは、車の持ち主の家族構成を示すもので、お父さん、お母さん、子供達、ペットなどの種類があるんですが(おじいちゃん、おばあちゃんもある)、先日とうとう子供らにせがまれて我が家もステッカーを貼ることに。

c0013324_21303299.jpg


連れ合いは自転車通勤しているので、全員一致で「自転車に乗ってるおとうさん」のデザインです。

中の三人が娘達ですが、そのどれもがビーチでの一日を再現してます。

左側の長女はBody Boardを持ってこれから海に入ろうというイデタチ。

真ん中の次女は砂浜でとんぼ返り。(実際にビーチでとんぼ返りしている写真があるのです。)

左は三女で、既に海に入ってフリッパーつけて泳いでいる、というわけです。

で、右端が私なのですが、私はガーデニングが好きではありません。なのに何故こういうデザインのを選んだかと言うと、これかスポーツものしかズボンをはいているデザインがなかったからなのです。スポーツものでも、ジョギングならよかったんだけれど、ジョギングのデザインのものはなく、球技のものばかりでした。

趣味的には、パソコンと携帯というデザインか、山積みの本のそばで読書というデザインが合っていたんですが、そのどちらもハイヒールにスカートといういでたちだったので、「それではあまりにお母さんらしくない」と娘らから抗議の声があがったので没。

ジョギングのが出たら張替えたいです。

c0013324_2137480.jpg


ちなみに、ペットの金魚(実際は熱帯魚)のシールも欲しいと子供らは言っていたのですが、残念ながら(幸い?)そのデザインは、売り切れでした。
[PR]
# by johnnycake | 2011-08-08 21:40 | 身の回り・生活

Census

8月9日はCensus(国勢調査)の日です。今年はCensus始まって100年だということです。

Australian Bureau of StatisticsのCensusのページ

5年毎にやってくる調査ですが、今回はオンライン回答のオプションがあります。これは嬉しいですが、反面、調査書を回収するアルバイトなんかがなくなるってことですね。

質問内容は前回と特に違うということはないようです。

結婚歴に関する欄では、

Never married
Widowed
Divorced
Separated but not divorced
Married

という選択肢がありました。

出生国の欄は、

Australia
England
New Zealand
Italy
Vietnam
India
Scotland
Other - please specify

となってます。これは前回の結果から上位を決めるのかしら?前回はギリシャがあったような気もするんですが、覚え違いかな。

先祖の欄はちょっと違って

English
Irish
Scottish
Italian
German
Chinese
Australian
Other - please specify

でした。ここで言うAustralianって?Englishとは違うの~?どのくらい昔までさかのぼるんでしょう?ちなみに2つまで選べるそうです。長女のボーイフレンドは何と書くのかな?彼はお父さんがパプアニューギニア、お母さんはイギリス人とオーストラリアンアボリジニーのハーフなので、3つのAncestryがあるわけですが。

宗教は

Catholic
Anglican (Church of England)
Uniting Church
Presbyterian
Buddhism
Greek Orthodox
Islam
Baptist
Lutheran
Other - please specify
No religion

となってました。

今回は連れ合いが不在のため、前回とはちょっと違った回答になります。

国勢調査に回答しない場合は、回答期限を過ぎると一日110ドル以内の罰金となるそうです。うう~ん、罰金取られる人ってどれくらいいるんでしょう。
[PR]
# by johnnycake | 2011-08-02 21:49 | 身の回り・生活